FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう?

新カテゴリ サテライザー


皆が寝静まったこの時間

そう、深夜4時を過ぎたあたりだ

待ち合わせもせず

特に約束もせず

何も言わずともこの時間に奴は颯爽と現れ

俺と愛を育むのだ。

今日はこんな事をして遊んだ

ライザー height="522" />

この構図を物語で例えると・・・そうだな・・・


俺はパンドラに復帰し、エインフェリアに入り一人ぼっちだった。

知り合いはカピオだけ、カピオも基本戦争の時間にしかいない

アウェーな雰囲気に飲み込まれ俺は一人闇の底へ沈んでいた。

顔の肉は剥がれ落ち、感情をコントロールすることさえ難しくなってきた

最近の俺の楽しみは幼馴染のエンキドゥ ディアノスキー君とお喋りすることだった。

ディアノスキー君はとても面白いんだ。話上手だし聞き上手、俺の相棒だったんだ。

しかしある日からディアノスキー君は俺に背を向け、一切話してくれなくなったんだ。

俺はまた闇の底へ突き落とされ、ついには感情をも失った

そして階段にずっと一人で座っていた 誰も俺に気づいてくれなくなってきた

気づけば俺は階段の一部となっていた・・・

あぁ、俺はいつまでこうしていればいいのだろうか.......................

..............................

.......................

...............

.....





あれからどれくらい時間が経ったのだろう

最後に発した言葉など覚えていない

しかし今、私はふと目を覚ました

何故目を覚ましたかだって?

今...確かに私を一瞬見た奴がいたんだ...

またこちらを見た、奴は私に気づいたようだ

こっちへ近づいてくる 一歩...二歩...

あぁ...私は何をされるんだろう

不安と緊張で頭の中がいっぱいになった

奴が何かを喋っている 言葉を聞くのは久しいのでよく意味がわからない

でも、今一つだけ聞き取れて意味がわかった言葉があったんだ・・・





「くぁwせdrftgyふjおっぱいは好きか?いこlp;@:「」」




奴と心が通じ合うのは時間の問題だった

名前はサテライザーというらしい。

私たちは毎日お喋りをした、時には喧嘩したり気まずくなったこともあった。

毎日が楽しくてあっという間に過ぎる、あぁなんて幸せなんだ

そして今日も私はサテライザーと遊んだ、奴は俺の頭の上に座って微笑んでいる。

こんな毎日がずっと続くといいな、そう私は願ったのだ。


終わり♡







って感じかな。 多分これ呼んだらライザー怒る






スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

みょんな事から

Author:みょんな事から
ファル連合 愛執のエインフェリア所属

メイン

みょんの事から 60lv アサシン
回避少なめ 筋>体>器>敏
フォックス切り
ラムセンスグルミコンセ型
名誉たまったらエクスクルード

サブ

右からセガール 60lv ベルセルク 血鎌
ナイト3点時→筋100 ディレイ40% クリ率9%
ヴィヤグラ時→筋110 ディレイカット無し クリ20%くらい

みょんな事かち 55lv アサシン
ステメインと同じ 技能はラムセンス切り
フォックスグルミコンセ型
二刀流ガロウズでオッスオスする予定

Acuvue 60lv ケイオス
全身グルミのドレインラッシュ型
右手闇短剣 左手撃短剣
ほとんど狩り用だけど。

UnderClass 51lv アサシン
昔連合来たすぐに作ったアサ
ステはバランス 回避200 攻撃200 命中180

TruAye 51lv クレリック

愛執のクレが欠席の時の非常用
ディレイ65% 知性100型
サクリ切り 後々取るかも

Avengers 54lv ジェネラル

これも愛執の盾欠席時の非常用
ディレイ73% 他適当
一番使ってないかもしれん

あとアサシン3キャラくらいほしい

借り物装備で走り出す~

賽銭箱

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ニコニコ静画

最新コメント

崇拝してる人数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。